CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Tomboのデジタルカメラ

デジイチとコンデジの aha! 体験記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
文房具 カワイイ優れモノたち
パソコンばかり使っていると脳みそが、パターン化された「ゲーム脳」になってゆく実感があって、最近はなるべく紙媒体から情報を得る、つまり、新聞や雑誌・書籍を読むよう心がけています。

 読書に飽きないため、また理解を助ける小道具として、マーカーを使っていましたが、『考える技術・書く技術』 板坂 元 著(1973年発行 現在も版を重ねる名著 ) を再読するとダーマトグラフが便利と書いてあるので、文房具屋で確かめてみました。



 ダーマトといえば、昔は仕事でフィルム写真ポジ袋に書くため使ったり、最近はCDの表面に文字を書く程度に使う芯の柔らかい赤鉛筆という印象でしたが、売り場にはぐっとお洒落に進化して、パステル調のきれいな色鉛筆がありました。「おっ、かわいい!」 と数色を購入。 
 ダーマトグラフは線を書いた下の文字が透けて読めるし、芯が減ったら紙巻きなので白い糸を引いて剝きながら使い続けられます。 本の著者の板坂 元 氏が使った頃は製品によっては色が反対ページにうつるものもあったようで、5種類くらい試して1つのメーカーに決めたと書いてあります。 私が買った三菱鉛筆の製品は使い勝手が良いです。

 金属やガラス、皮膚にも書くことができます。 由来や使い方はこちらを参照。 1本88円。




 ダーマトと一緒に写真に写っているのは、通常サイズの手帳とその下はA5サイズのスケジュール・ノート。 このノートは印刷関係の会社がお客様サービス用に制作したもの。 小型バックにはいるし、軽いし、いろいろ書き込めるしで重宝しました。 来年もあるといいな。

 スマホでスケジュール管理も便利でしょうが、やっぱり手書きでメモして、ぱらぱらとめくって使いたい。 思い出したり、気づきやヒントを得ることが多いです。
| 閑話休題 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
女子大学の入学式に男子学生の賑わい
午前10時頃、神保町駅から地上に出ると、いつも静かな女子大学の前が人だかりで賑わっている。「何か事件?」マスコミの取材の人たちかと思ったら、「早稲田大学××同好会」と書いたプラカードが見えて、入学式恒例の部員勧誘の人だかりと解りました。 
携帯でパチリ。

0402kanyuu 

すぐ隣の建物が入学式の会場のようですが、こちらは閑散・・・。 

入学式会場

そういえば、我が家最寄りの駅が若い男の子たちで異様にあふれかえるときがあり、
彼らの目的は、やはり女子大の文化祭などの行事。

ついでに、新宿伊勢丹の地下のお菓子売り場に普段は見かけない若いビジネスマンが
行列を作るのはホワイトデーのお返しを買うためでした。

・・・草食系には群れのパターンがある?


| 閑話休題 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
東名高速で運転の練習を兼ねた箱根家族旅行
JUGEMテーマ:写真

子供が小さいときは年に何回か家族旅行をしましたが、娘が大学生になると殆ど空いた日がなく今回の箱根旅行は1泊だけ。
 それでも、アウトレットでの買い物と、免許は取ったけれど殆ど運転をする機会のない娘の 高速道路での運転練習を兼ねた旅行でした。
 高速に入ってすぐ、娘が教習所で習ったとおり首を後ろにねじって”目視”をしようとしたら、右手がハンドルを引いたようで車が振れて不安定になりヒヤッ。、それからは胃がつかまれるような思いで無事を祈りつつ、何とか海老名パーキングエリアに到着。高速では、ミラー確認だけにしよう(aha!
 食事をして休憩したあと、娘は「運転は楽しい」と続行を希望したので、あいにくの土砂降りの中をまた娘の運転で御殿場までGo。御殿場あたりからは晴れ間が出て、天気は回復。
この翌日は、御殿場アウトレットにNikonが開店して目玉に福袋を売り出したそうです。5万円の福袋には14万円相当のデジイチが入っていて販売開始5分で完売したとか。ちょうど帰り道だったけど、立ち寄る元気と残金がなかったなぁ。

翌日は、6時ころ目が覚めて日の出をカメラに収めました。

箱根の日の出

散歩にでたら、石積みの間の排水筒(直径3センチくらい)の中にコケが生えていました。きっと奥のほうが詰まって水が流れない筒なのでしょう。けなげで可愛いなぁ、とパチリ。

排水筒の中のコケ

ハイランドホテルの裏庭の小川には水芭蕉が点々と咲いていました。

水芭蕉








| 閑話休題 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
御殿場アウトレット経由で箱根へ
JUGEMテーマ:写真

家族旅行といえば、我が家では箱根が定番。特に御殿場アウトレットに立ち寄って買い物をする楽しみが増えたので、迷うことなく決まりです。
 ジョージ・ジェンシェンの国内で唯一のアウトレット店があったのですが、昨年夏で閉店しました。残念。 それでも、エトロやダンヒルで破格値の買い物をして、娘もまとめ買いをして「やっぱり来てよかったね」と箱根はもうどうでも良い気分。

 大浴場で温泉につかって、洗面台においてある角質を落とす効果のあるピーリング洗顔液で丁寧に2回洗ったら、頬の辺りが赤くなりました。
 旅の楽しみは食べること。テーブルのランプの炎が綺麗でした。

テーブルのランプ

オードブルはマグロのカルパッチョ

オードブル

メインディッシュも美味しかった。

メインディッシュ



 
| 閑話休題 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
横浜元町のチャーミングセールは2月26日(火)〜3月2日(日)
JUGEMテーマ:写真

横浜での撮影会の集合時間に少しばかり時間に余裕があったので、元町を散歩しました。ずっと昔、何度か友達と来たときの記憶では木造の店など古くからの雰囲気のある町並みを記憶しています。
 その後、2004年(平成16年)2月に東急東横線「みなとみらい線」が直通となって、終点の「元町・中華街駅」が誕生、渋谷から終点まで35〜40分と大変便利になりました。写真は終点「元町・中華街」駅を降りてすぐの、元町通りの入り口。

元町の入り口

「元町・中華街」駅誕生を契機に街路の改修工事をしたそうです。車道に車はあまり入ってこないし、スピードが出せないので、気ままに通りを横切ってゆっくり買い物を楽しめます。チャーミングセールの直前の今が買い物には良いかもしれません。

元町通り

元町を出て山手通りで電話ボックスを見つけました。「自働電話(aha!)」と書いてあります。

電話ボックス

元町の傍の高速道路の下は川で、船が停泊しています。

高速道路の下

| 閑話休題 | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
二十歳の娘に晴れ着を贈る
JUGEMテーマ:写真

今年成人式を迎えた娘は七五三のときから着物が好きで、夏は花火のときに浴衣を着て出かけたり、冬はお下がりのウールの着物を家で着て喜んだりしています。振袖は高価、と承知しているので親が着たもので間に合わせてたので、ついでに私が若いときに気に入ってよく着た加賀友禅の着物を譲ることにしました。(写真は柄の拡大)

加賀友禅の柄

 箪笥から出して広げてみるとシミが何箇所かあり、このままでは着れないので仕立ての会社をしている友人に相談したところ、染み抜きと洗い張り、胴裏を新しくして仕立て直せば充分綺麗になるということでした。
 着物といえども柄に流行があリ、若いときの着物を今見ると時代遅れだからとやはり新調する親が多いそうです。幸い加賀友禅は流行には左右されないので、染み抜きや仕立て直しをする価値があると勧められました。

 友人の会社は日本橋浜町の『つむぐ』といい、腕がよいので銀座の呉服店などからの仕事でいつも忙しそうです。着物の仕立ての上手下手で着心地や姿の良し悪しは格段の差がり、他所で仕立てた着物を仕立て直すなど固定客が多いようです。

 娘に譲る着物の仕立て直しが出来上がるのは2ヶ月くらい先になるそうなので、今から楽しみです。


| 閑話休題 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
新宿三井ビルのハロウィン
修理にだしていたデジタルビデオカメラを受けとりに新宿三井ビル1階のCANONに行きました。 ショールーム兼サービスセンターで、プリンタやデジカメ、ビデオカメラ、レンズなどの展示と、奥のほうでは簡単な修理ならその場で直すクイック修理のカウンターがあります。
 一眼レフのゴミ除去を頼みに来ている人も居ました。5時半以降の持込は「翌営業日お渡しになります」と張り紙があります。
 仕上がったビデオを受け取って正面玄関を見ると、ハロウィンの飾り付けが可愛かったので、パチリ!
正面入り口の飾り

コスモスが面白い取り合わせです。

玄関から外にでると、植栽のススキが風に穂を揺らしています。葉に黄緑の斑入りの鷹の羽ススキです。

ススキの穂


ススキの脇から中地下のオープンスペースを見下ろすと、ビジネスマンたちが上着を脱いで寛いでしました。
| 閑話休題 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
受難のカマキリ
秋になると大きく成長したカマキリを時折見かけます。
去年は脱皮中の逆さまにぶら下がったカマキリを撮影しました。
今年も逆さまになっているカマキリの写真ですが、蜘蛛の巣に引っかかっているのです。

蜘蛛の巣にかかったカマキリ

昨日の夕方雨戸袋の傍で発見し「わわッ!」とびっくりして、そのまま雨戸を閉めました。今朝雨戸を開けたときは昨日のままの姿で、だんだん日差しが強くなってきたら、カマキリが手足を動かし始めたので「生きてる!」と急いでカメラを取りに行って構えました。
 この時期でも草取りをなまけている我が家には薮蚊が多く、寄ってきてシャッターを構えている私の手を刺します。追い払うことも出来ず、急いで撮りおえてカマキリを逃がしました。
 蜘蛛は写真の右上に写っている黒い影です。手足が長く、膨らんだ腹は黄色と赤というまがまがしい外見でした。
 
 朝蜘蛛は殺しちゃいけない、んでしたっけ?(aha〜!)

| 閑話休題 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
気品高いコットンレースのブラウス
30年も前のことですが、ヨーロッパの雑誌に載っていた白いコットンレースのドレスを見て「なんて贅沢な美しさなのだろう」とため息が出ました。当時、日本では富裕層の象徴として化繊糸の多色使いレースのスーツを着る人はいましたが、輸入のコットンレースのブラウスなどは、めったに見かけることもない格別の高級品だったようです。

 最近パラパラと雑誌を見ていたら、なんとそのコットンレースのデザインから手がけて(エンブロイダリーレース)、ブラウスやスーツとして販売しているお店(しかも三鷹!)が掲載されています。
コットンハウスAYA」です。早速行ってみました。

昔憧れた白のコットンレースのブラウスを買いました。デザインから起こしたオリジナルレースの製品は店の奥に並んでいました。(価格21,000円)

繊細な白糸刺繍です。

白いコットンレースのブラウス

 レースのデザインは社長がイメージをスケッチしたものをトレースして、工場で機械にかける状態になります。↓

レースのデザイン

レース生地の拡大
↑生地の拡大

秋ものの赤いレース生地の上着も格調があって、素敵です。

赤いレースの上着


取材をさせていただいたので、「みたかナビ」で詳しく紹介できます。商品は日本橋三越にもあります。

| 閑話休題 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
銀座 ミキモトの七夕飾り
昨日の銀座の続きです。
4丁目の交差点あたりは、外人も含めてカメラで撮影している人を見かけます。その殆どは日本製のデジタルカメラのようです。最新の小型一眼レフもちらほら。

今日は7月7日の七夕、銀座ミキモト ビル正面のおしゃれな七夕飾りです。

ミキモトの七夕飾り

ショーウィンドウのディスプレイは深海のイメージです。たくさんの疑似餌が魚の形をつくり、頭の位置の下には大粒パールのネックレスを1匹の疑似餌が引いています。

疑似餌とパール

ショーウィンドウの右側、尻尾の部分の下には指輪が並んでいます。

ミキモトのショーウィンドウ

| 閑話休題 | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) |