CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Tomboのデジタルカメラ

デジイチとコンデジの aha! 体験記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
善福寺公園のボート池に連なる鯉のぼり
JUGEMテーマ:写真
連休も後半、こどもの日が近いので鯉のぼりが五月の風を受けて泳いでいます。
善福寺池も今日はたくさんボートが出ていました。

↓ 鯉のぼりの真下をカメラを構えながら進んでいきました。

善福寺池の鯉のぼり

↓ 手漕ぎボートに乗っているのは、父親と赤ちゃんを抱っこひもで胸に抱えた息子。イクメン2代。

善福寺池の鯉のぼり

↓ ベンチに一人座って静かな老人。風が吹いて鯉のぼりがはためくとスッとカメラを構えます。達人?

善福寺池の鯉のぼり

↓ 池の淵のところどころに黄色い菖蒲が咲いています。

黄色菖蒲

↓ 木陰の道を歩くカップル。コンビニで買い物してベンチで軽食かな? ボートかな?・・・どっちも混んでるよ。

カップル
 
| 善福寺公園 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
2014年の桜 善福寺
JUGEMテーマ:写真
東京の桜の開花が告げられた週の金曜日、朝番組で林修先生の「桜」についてのウンチクを聞きました。
花見といえばヤマザクラが一般的だったのを 明治時代に東京染井の植木屋が品種改良して現在のソメイヨシノが出来たがさっぱり売れないので桜の名所「吉野」と名前をつけたらよく売れたとか。しかし名称詐欺と問題になり、染井を合体させた苦肉の命名となったそうです。

「ヤマザクラ、花(鼻)よりも先に葉(歯)がいでて・・・」という和歌から「山桜」とニックネームをつけられた教師がいた・・、などと思いだしながら支度をして西荻へ出掛け、午後2時半過ぎに善福寺で写真を撮り始めました。 スタートが遅いのでお日様はどうかしら、と心配。

↓ 下の池に咲き始めの桜があり、写真を撮る人がいました。

善福寺の桜

↓ 桜に光が当たっていないので残念な写真。

善福寺の桜

↓ 池の渕を少し歩くと、鯉が集まっている場所がありました。 カモとニアミス。

善福寺 カモと鯉

↓ カモがさらに進むと鯰の集団。 口をいっぱいに開いてカモを吸込むつもりかしら。

善福寺 カモと鯰

↓ 公園で何本も見かけるコブシの木。この木は花が見頃でした。

善福寺 コブシ

↓ 上の写真のコブシを広角で。

善福寺 コブシ

春とはいえ、日が陰るのは早いです。もっと早く来なくちゃ。
| 善福寺公園 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
野鳥のオアシス、善福寺公園で紅葉の撮影
JUGEMテーマ:写真
今年の紅葉の撮影は自転車で善福寺公園に行きました。
紅葉の名所紹介サイトなどからは漏れているので、落ち着いて撮影できます。
西荻窪駅から20分ほど歩いて公園に入ると「下の池」のこんな光景が広がります。

善福寺公園

東京都公園協会のサイトには「アシが群生する野鳥のオアシス」と紹介されています。

善福寺公園

鳥の写真を専門に撮る、バズーカ砲のような望遠レンズを持った人たちはいませんが、先生と生徒の集団何組かに会いました。各グループの引率の先生が三脚をつけた望遠鏡を持っていたので、野鳥の観察だろうと思います。
「下の池」にはこんな鳥たちがいました。

善福寺公園

隣のカモに話しかけたりして。

善福寺公園

↓ この鳥は孤独に耐える、というより寒いのか身じろぎもしません。
シャッターチャンスが欲しい。何かして見せて!

善福寺公園

この季節の撮影は陽がどんどん傾くので時間との勝負。 場所を変えて、「上の池」に行くと、以前きたときより手入れされていますが、やっぱり不気味な雰囲気。

善福寺公園

ここではちょっと羽ばたく素振りなどしてくれました。

善福寺公園

ん、何か見つけた?
善福寺公園

紅葉の撮影より、鳥ばかり撮っているうちに日が暮れてきました。帰ろう。










 
| 善福寺公園 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |